自動車の駆動方式FRとは

自動車の駆動方式で後輪駆動の車は少なくなってきています。
以前は後輪駆動の車が多かったのですが、今では一部の車に限られています。
現在の自動車に多いのは前輪駆動車と四輪駆動車ですね。

気になる車両ラッピングの情報ならお任せください。

駆動方式をFRと言うことがあります。FRはフロントエンジンリアドライブも略で車前部にエンジンを搭載し、後輪駆動という意味です。

なぜ後輪駆動車が作られなくなったかという理由に関してはコストが関係しています。

前輪駆動車はエンジンから近い位置の前輪を駆動させます。しかし、後輪駆動車は車前部にあるエンジンから動力を後輪まで持ってこなければなりません。そのための部品が増えるため、後輪駆動車はコストが高いのです。

あなたに合った条件でOKWaveの正しい情報はこちらです。

そしてその部品によって車内スペースは狭くなります。


しかし四輪駆動車はどうでしょうか。
四輪駆動車は前輪も駆動させ、後輪も駆動させています。
四輪駆動車は後輪駆動車よりもコストが高いです。

なのになぜ後輪駆動車だけが少なくなったのか。


それはスピンしやすいという理由です。


後輪駆動車は後輪が駆動するために、後輪が滑りやすいのです。
後輪が滑ると、滑っていない前輪を軸に回転してしまいます。


いわゆるスピン状態ですね。



特に雨の日や雪道などでは急加速するだけでも後輪が滑ってしまうことがあります。

四輪駆動はその点、雨の日、雪の日も比較的安全に走れますね。

FRの自動車は現在でもスポーツカーなどには使われています。しかし最近の一般的な自家用車には殆ど使われていません。FRは運転の楽しさを味わえる駆動方式になっています。

しかし安全性を考えた場合、他の駆動方式のほうが良いということになります。