部分脱毛では光脱毛やフラッシュ脱毛と呼ばれる、レーザー脱毛とは異なる手法が用いられています。これによって皮膚に与えるダメージをできる限り抑えることが可能となっているほか、毛根にある黒い部分のみを攻撃することができるので的確に脱毛をすることができるようになっているのが特徴です。そんな光脱毛やフラッシュ脱毛は部分脱毛の顔として人気を集めていますが、これらにはメリット以外にもデメリットがあります。それは、日焼け以外にも黒い部分に強く反応を示してしまうということです。

特にほくろなどは自分でもどうしようもない部分ではありますが黒い部分に属しており、ここに光脱毛やフラッシュ脱毛を行ってしまうと過剰に反応を示してしまい、最悪の場合は熱傷などを起こしてしまうという問題があります。そのため、ほくろがある部分に関しては原則として脱毛が施行できないということになるわけです。とは言え、ほくろがある部分にも毛が生えており、部分脱毛を行うためにはそこを避けるわけにはいきません。そのため、施行前にテーピングをするなど保護することによって脱毛を施行することが可能になっているため、ほくろがある場合は事前のカウンセリングで進言しておくことが大切です。

それ以外には針を用いた脱毛を行うことで黒い部分を気にすることなく部分脱毛することが可能となっており、範囲などによっては針脱毛が利用されることもあります。それらの判断をするためにも、事前のカウンセリングは非常に重要となっているわけです。