脱毛を行う場合にはいろいろと制約が付けられていることが多く、場合によっては施行を断られてしまうというケースも存在しています。代表的なのが日焼け状態であり、すでに皮膚にダメージを受けている状態だと判断される日焼けの部分やメラニン色素が強い色黒の部分は、脱毛機器が余計に反応してしまうこともあるということで断られることが多いようです。このため日焼けをしているなどの色黒の状態だと脱毛は全くできないと思われがちですが、実は部分脱毛など一部の脱毛は施行することが可能となっています。と言うのも、部分脱毛は一部分のみの脱毛となっているので、脱毛を希望している部位が色黒ではないなど日焼けしている状態でなければ、一応は施行を受けられるということもあるためです。

ただし日焼けしていたり色黒の部分の脱毛を希望する場合、部分脱毛では一般的に利用されている光脱毛やフラッシュ脱毛などの機器が強く反応してしまうので、やはり断られてしまうことが多くなっています。ですが、元々色黒と言う人もいるため、どうしても部分脱毛を始めとした脱毛を受けたいという人は少なくないです。ではどのようにするのかというと、施行前のカウンセリングで肌質や肌色のチェックをしてもらうことが重要となっています。これによって元々色が黒いのか日焼けなのかを判断してもらえるので、色が黒い人でも安心して脱毛を受けることができるようになります。

また、針脱毛など肌色に関係ない脱毛方法を適応してもらうなど、対策は色々あります。