脱毛の種類のひとつである部分脱毛では、脱毛で有名なレーザー脱毛ではなく光脱毛やフラッシュ脱毛などが用いられることが一般的となっています。この光脱毛やフラッシュ脱毛は小さい部分や細かな部分にも使用しやすくなっており、皮膚にダメージが少ないという特徴を持っています。ですが、問題となっているのが色素沈着など黒くなっている部分に反応して脱毛を行うという特徴であり、これによって色素沈着している部分に強く反応を示すようになっています。そのため、部分脱毛を行う場所にしみやほくろなどの色素沈着があると脱毛が施行できないということが発生します。

日焼けなどの場合は全身脱毛を始めとした脱毛全体の施行ができなくなりますが、しみに関しては顔面に発生することが多く、顔面の場合は全身脱毛ではなく部分脱毛で利用されることが多いため、このような制約が発生してしまうようです。一見すると大した問題はないのではないかと思われがちですが、しみがある部分に光脱毛やフラッシュ脱毛を続けると熱傷などを起こしてしまうことがあるため、基本的には施行が禁止されています。なので、一般的にはカウンセリングでしみなどの有無をチェックし、あった場合はその部分を避けるかテーピングなどで保護してから施行されるようになっているようです。そのため全く施行ができないというわけではないですが、しみの範囲が広すぎるなどの問題がある場合は遠慮をすすめられることもあるため、どのみち注意が必要となってきます。

名古屋の医療脱毛のことならこちら