フィトエピラシオン脱毛で使うのは、天然植物由来の成分です。あまり耳馴染みのない処理方法かもしれませんが、お肌には優しいことが、天然植物由来成分を用いることで伝わりやすいです。フィトエピラシオンは一般的なムダ毛処理のように、光やレーザー、微電流などのマシンは一切使うことがありません。ではワックスでの処理かというと、そうでもないのです。

天然植物由来の成分で作るもので、樹脂やはちみつなどをメインとして、脱毛剤として取り扱います。こうした脱毛祭を作って、お肌へのトリートメントを行いながら、ムダ毛の処理をする方法です。フィトエピラシオンでのお手入れ前には、お肌のお冷やしを行います。エッセンスにはペパーミントを含んでいて、冷たいジェルを使うことで、処理への負担を軽くすることができます。

ムダ毛をキャッチした脱毛祭をはがしますが、その時にムダ毛を上手に絡め取って除毛を行います。一見すると痛みを強く感じるようにも思えますが、刺激や痛みはほとんど感じることがありません。フィトエピラシオンでのお手入れを数回繰り返していくことで、ムダ毛は薄くなっていくので、やがて目立ちにくくなります。フィトエピラシオンでの処理は、どちらかというろワックスに近いものがあります。

でもワックスほど強力ではないので、お肌への負担は気にはなりません。はがす時にはムダ毛だけではなく、古い要らなくなった角質も除去するために、素肌にはなめらかさが出てきます。