様々な分野で使われているGPSとビーコンの特徴

GPSは、人工衛星が放つ電波を受信して現在の位置を割り出すシステムの総称で、位置測位システムと呼ばれています。

人工衛星は宇宙にあるので地球規模で電波を発信する関係からビーコンと比べると位置測定の精度は劣ります。このGPSは航空レーザー測定などで活用されることも多いシステムで、航空機から地上めがけてレーザーを照射して再び光線が戻って来た時間から高さを割り出す、このとき航空機の位置をGPSで取得して地形のデータを取得する仕組みの中で活用されています。また、運転中の事故などに備えることができるドライブレコーダーにもGPSのシステムが搭載されているなど、身近なところでもこの技術が生かされていることがわかるのではないでしょうか。

運転中に渋滞にはまってしまうことは多いかと思われますが、VICSと呼ぶ道路交通情報通信システムはビーコンを使っているのが特徴で、道路に設置してあるビーコンの端末から電波を送信、走行中の車にその電波を受信できるカーナビゲーションシステムが搭載されている場合、渋滞の情報をいち早くキャッチして別のルートで走行できるなどのメリットがあります。ビーコンはGPSと比べると電波が届く距離が極端に短い反面、位置を特定する際の精度が非常に高くなっている、地下などの場所でも電波が届くもしくは地下街で電波を送受信できるなどの特徴を持っています。お店にビーコンの端末を設置して電波を送信することで、店舗の位置をユーザーに知らせたり買い物情報を提供するなども可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *