いろいろと感知できるビーコンセンサー

ビーコンセンサーは、近距離の位置情報を把握できるツールとして多くの活用が期待されている製品です。

どこに何があるかを知るために便利に利用できますが、センサーを追加することで、もっと使えるフィールドが広がります。小型でも多くの状況を感知できるものもあり、自動化や無人化には欠かせないツールです。例えば圧力センサーをつけると、上にものが乗っている時にその状況を伝えることが可能です。棚の上でものが置かれたところだけ知りたい時などに助かります。

着座の確認にも利用できるので、どこが空席かを知ることが可能です。逆にいなくなった時に不在表示をするのもできます。加速度がわかるようにしたビーコンセンサーなら、物が移動されている状況を知ることができるので、動いて位いる向きを知りたい時に活用ができるでしょう。例えば倒れると困るような物が傾いてきているような時にどのぐらいの速さで、どれだけ傾いたかを知ることが可能です。温度や湿度を感知できるビーコンセンサーを使えば、物が置かれている環境を計測することができます。温度条件が厳しい製品を扱う時、監視することができるので品質を確保することが可能です。室温よりも正確な温度がわかるので、確実な管理を行うことができます。湿度についても品質に与える影響は大きいので、一緒に計測することで、品質劣化を未然に防ぐことが可能です。万が一の時にどこにあるかがわかるので、すぐに見つけ出すことができるのがとても便利です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *