ビーコンセンサーは簡単に導入することができる

ビーコンセンサーは、近距離通信に用いられるBluetoothを使って位置情報を知ることができる装置のことです。

ビーコンと呼ばれる装置から発生される電波を受信することによってその位置情報を知ることができるもので、装置のある場所からデータを受信した端末の場所までを確認することができます。ビーコンセンサーはさまざまな場面で使われるようになっており、倉庫での商品管理や人の移動状況、またGPSなどの電波が届かない場所での位置情報提供などがありますし、また位置情報だけでなく高性能なセンサーでは温度や湿度、圧力、加速といったセンサーを搭載することでより高度な情報を知ることが可能です。ビーコンセンサーの導入としては、装置の運用面がポイントで使用する目的であれば簡単に導入することができます。

人や物の位置を確認するために行うケースでは、受信機であるレシーバーを設置することで情報を収集することができますし、センサーの設置位置の情報を受信するのであればスマートフォンなどのBluetooth機能がある装置にアプリを導入するだけで利用することができるものです。特に高度な運営をするのであればソフトウェアでの管理が重要となりますが、単なる位置情報の確認であれば、簡単に導入することができます。低消費電力ですからバッテリー駆動でも長時間の運用をすることができますし、電波が発信されなくなればアラームによって稼働停止を知らせるということも可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *