アプリの起動もなくビーコンセンサーで情報収集

スマートフォンには色々な便利アプリが使える魅力がありますが、ビーコンセンサーの一つでもあるiBeaconは、アプリの起動をせずに情報の受信ができる利便性を持つものといえます。

ビーコンセンサーは、ビーコンの電波を受信するための受信機に相当するもの、VICS方式のカーナビゲーションシステムなどの場合は渋滞情報を画面上に表示させ、ルート上に渋滞が生じているときにはそのルートを避けて目的地に到着するルートを割り出してくれます。送信機は道路に設置されていて、高速道路には電波ビーコン、一般道には光ビーコンがありこれらの電波をカーナビゲーションシステム内のビーコンセンサーが受けて情報を表示する仕組みを持ちます。

iBeaconの最大の特徴は、スマートフォンのアプリを起動することなく情報表示が可能になる点ですが、距離の違いにより受信者に対して異なる情報を提供できるのも特徴の一つです。ちなみに、アパレル業界の中でもビーコンを使った顧客サービスが提供されているのですが、これはアパレル品のタグにQRコードをスキャンすると、試着室にそのアイテムが届けられるといったサービスです。位置情報などで使われることが多いビーコンおよびビーコンセンサーですが、位置情報を使えば図書館などにある書籍を見つけるときにも利用可能になる、自分が探している書籍の場所がある程度把握ができるので、時間をかけて探したけれども見つからなかったなどが亡くなるメリットは多いのではないでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *