ビーコンセンサーで位置情報を管理するメリット

最近では様々な物品の所在を適切に管理することを重要視しているケースが少なくありません。

特に測定器や作業のための様々な器具等は作業者がこれを持って移動し、自分の作業場で使用することが多いのですが、元の場所に戻すと言うことが非常に手間であるためこれを行わないと言うことも多くなっています。特に測定機器や医療機器等は作業が煩雑な場合には使用した後そのまま放置されることも多いため、これらを適切に管理することは非常に重要なこととなっている場合が少なくありません。これらの位置情報を管理する手法として思い浮かぶのが、近年のGPS技術です。

最近ではその制度も非常に高まり狭い室内であっても的確にその場所を認識することができるようになっていますが、対象の機器などに取り付けるセンサーやこれらを管理するためのシステムは非常に大掛かりなものとなってしまうことが多く、また衛星の電波を利用するために屋内ではその管理が曖昧になってしまうことも少なくありません。ビーコンセンサーは、ICチップが発生する微弱電波を利用して限られた範囲の中で正確な位置を把握するために非常に有効な方法です。屋内でも自由に利用することができることから近年注目を集めており、またビーコンセンサーはその価格も比較的安いことからより多くの機器に利用することができるメリットもあります。

微弱電波を使用するため病院内などでも患者に対する影響が少ないことがわかっており、様々な場面で利用することができるものとなっているのが特徴です。最近では図書館などでもビーコンセンサーを利用した書籍の管理等が行われており、さらに人物の所在管理などにも応用されていることから、注目を集めています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *