GPSとビーコンの違いは?

GPSもビーコンも位置情報を取得できる便利なものです。

それによって、知らないところに行くことが容易になります。どちらも同じように扱うことができますが、何が違うのでしょうか。最も大きなことは、発信源の違いです。GPSはアメリカが運営する衛生を発信源としています。だから屋外であれば、ほぼどこでも受信することが可能です。対してビーコンは、センサーのような小型の無線機を利用しています。通信距離はせいぜい30m程度しかありません。

近距離の情報のやりとりを想定して作られました。GPSは問い合わせに対して、その場所の情報と時間を提供します。それ以外のデータは基本的に扱うことができません。ビーコンはセンサーの作り方によって、大きく変わってきます。例えば圧力センサーを使えば、着座や設置などの情報もわかります。温度や湿度、動きなどがわかるので、位置の特定だけでない使い方も可能です。

ビーコンは電池などの交換が必要ですが、GPSは基本的に受信側に動力がほとんど必要ありません。信号の受信ができれば利用することが可能です。ビーコンの場合は、持ち運ばずに情報発信ツールとして利用することもできます。近づいた端末に関連する情報を提供して、誘導するような使い方です。特にどちらが便利と言うわけではなく、お互いを補完するような関係なので、共存するような使い方が広がっていくでしょう。両方を組み合わせると全てがつながってとても便利です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *