GPSとビーコンでどこにいてもわかるシステム

何かの位置を特定したい時には、GPSとビーコンを組み合わせて利用することが必要です。

どちらもメリットとデメリットがありますが、両方使うことでそれぞれを補完できるので安心です。例えば高額な商品を到着まで見送りたいような時には、両方の情報を受信できるようなセンサーを使うことで可能になります。屋外の輸送はGPSによる位置追跡を行います。現地に到着した後では屋内になるので受診ができなくなるので、ビーコンの出番です。荷受けが完了するまでに確実に位置を特定できます。

温度センサーやモーションセンサーを取り付けておけば、温度の変化や衝撃などを記録できるので輸送中のトラブルなども明確になります。万が一、何か起こっても迅速に対応することも可能になります。気になった時にいつでも確認できる点もメリットの一つです。全てのデータを記録できるので、品質保証として情報を提供することもできます。

一度も温度に逸脱がなかったことや衝撃が加わっていないことを証明できるデータになるのは、担当者として心強いことです。それがなければ、問題がなかったことを証明するのは難しいことです。人や動物に対しても同じことが言えます。首輪やアクセサリなどに両方から受信できるセンサーをつけておけば、どこに行っても見つけられます。屋外を移動している時にはGPSが担当し、屋内に入ったらビーコンを利用します。これで建物までではなく、建物の中まで追跡可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *