ビーコン対応GPSなら混雑がわかる

感染症防止のために避けなければならない密集をどのように回避できるかが問題になっています。

施設には人の少ない時間に行くと言われても、それがいつなのかがわかりません。いまの状況がわかれば調整できるかもしれませんが、そんな方法があるのでしょうか。ビーコン対応GPS受信機を使うと、人の移動が視覚化できます。屋外も屋内も関係なく位置情報を取得してデータを送信するので、それを集計してマップやエリア図に重ね合わせると、どこに誰がいるのかを把握することが可能です。

密集率を色分けすることもできるので状況が容易にわかります。従業員にビーコン対応GPS受信機を持たせておけば、誰がオフィスに来ているのか、どの辺にいるのかがわかるようになります。一箇所に固まるようなことがないように警告することも可能です。これであれば、テレワークを推奨しながら、人が少ない時に出社することもできます。申告制にしておけば確実です。

またオフィス内でも密集しないように行動することで、感染防止に役立ちます。子供にビーコン対応GPS受信機を持たせておけば、屋外の移動も地下鉄やマンションの中でも居場所がわかるので、安心です。ある場所に着いたり、通過した時にメールなどで通知を受け取るような機能も組み込むことができます。なにか伝えたいことがあれば、警告を発することもできるので、一方向でない使い方ができます。働き方が変わる中でも、子供を不安にさせない工夫があれば、安心して働くことが可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *