多機能なビーコンセンサー

屋内でも位置情報が取得できるためとても便利なビーコンセンサーですが、いろいろなセンサーを搭載することで多機能な使い方ができるものが発売されています。

例えば圧力センサーが追加されたものは、座席の空いているところを示すために使われます。イスの座面に取り付ければ、着座しているかどうかを判別することが可能です。エリアマップと過座寝ることで、どこに座れるかを一目瞭然です。電車の自由席などに利用すれば、空席があるかが乗る前にわかります。モーションセンサーを搭載したビーコンセンサーなら、移動している向きがわかります。

移動時のデータを記録しておけば、輸送中に起きた事象が明確になります。荷物につけておけば、不慮の力がかかったかどうかも明らかです。繊細な荷物を扱うような輸送では重要です。温度湿度センサー付きのビーコンセンサーも保管や輸送の管理に使うことができます。広い倉庫内では温度や湿度が均一でないのは当然です。

温度が上昇しているところにある荷物を検索して、空調の調整などをおこなうことで品質を維持することができます。出荷後も記録を続ければ、目的地に届くまでの定温管理が可能です。このほか光センサーがついているものであれば、その場所が照明が点灯しているかどうか、開梱されたかどうかを判別するために役立ちます。これらのセンサーを組み合わせてより詳しい情報を扱うことができれば、さらに便利な使い方が見つかるかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *