ビーコンセンサーの情報発信

加速度センサーを内蔵したビーコンセンサーは、単位時間あたりに3方向の速度変化を出力できます。

この機能を活用することで、様々な場面に応用することが可能になります。危険な作業現場では、作業員にビーコンセンサーを付けることで、万が一の事態にも対応できます。仮に作業員が動けなくなったり倒れた場合には、速度変化値の異常を感知してアラームが発信されます。そのことで、事故やトラブルに迅速に対処できるわけです。

またビーコンセンサーを商品に取りつければ、ユーザーが興味を持つ情報を電子看板に表示できます。その他、ディスプレイと連動した使い方には、様々な可能性があると言えます。ビーコンセンサーを使ったシステムは、電波を受信する装置があれば直ぐに構築できます。Bluetooth対応のスマホやタブレットでもシステム構築が可能です。

受信データはサーバーなどに蓄積可能なので、マーケティングなどにも活用できるわけです。近年は長寿命のビーコンセンサーも開発されており、最大2年間もバッテリー交換が不要な機種もあります。コイン型バッテリーのため携帯性にも優れており、場所を選ばずに設置できるメリットもあります。そのため大掛かりな工事を必要とせず、メンテナンスがしやすいのもメリットです。屋外用は耐水性・耐久性に優れており、幅広い環境に対応できるのが強みです。ビーコンの設定は自由に行えるので、希望の時間に情報発信することができるわけです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *