ビーコンセンサーの様々な機能

IoTはインターネットに、家電や人の行動などをつなげるデバイスです。

それにより、消費者の生活が豊かになり、より良い社会の実現につながると期待されています。IoTデバイスの中でも、昨今特に注目を集めているのがビーコンセンサーを活用した機器です。ビーコンセンサーは、電波を一定間隔に発信する機能を備えています。それによって位置情報などが送信され、アプリと連動して幅広い用途が利用できます。昨今は様々な機能が備わっており、安価なデバイスも登場しています。

デバイスのサイズもコンパクトになっており、500円玉くらいの小ささが実現されています。重さも500円玉とほぼ変わらないので携帯性にも優れているわけです。しかも防水性能があるので、屋外使用にも向いているわけです。ビーコンセンサーには、カードタイプのデバイスも登場しました。クレジットカードと同じ大きさで、厚さもクレジットカード並みの薄さを実現しています。

内蔵電池は4年間の使用にも耐えるもので、防塵・防水性能も備えています。激しい雨の中でも使えるので、幅広い用途に対応可能です。薄型のビーコンセンサーであっても、加速度センサーがしっかり搭載されています。デザイン的にも機能的にも優れているので、様々なシーンで活躍しているわけです。ビーコンセンサーには、ボタン搭載のデバイスもあります。ボタンが押されると電波が発信され、ボタン操作で設定が変更できます。最新のビーコンには位置情報に加えて、温度や湿度なども計測が可能です。さらに気圧や照度なども測れるタイプもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *