勤怠管理システムの新しい流れ

勤怠管理システムといえば古くからタイムカードとタイムレコーダーを中心に考えられているシステムが多いのですが、新しい流れとしてはタイムレコーダー無しで勤怠管理をする仕組みが生まれてきています。

勤怠管理で重要なことは会社への入退出をしっかり把握することです。しかし、出社せず取引先に直接向かう場合や出張などの対応は手作業で調整することが多かったようです。

また、代理でタイムレコーダーを操作することも簡単でした。そこで新しい勤怠管理システムはタイムレコーダーを廃止してスマホやさまざまなデバイスを利用してカードに打刻することなく勤怠管理をする仕組みとなっています。勤怠管理システムで多くなっているのがスマホの利用です。スマホに専用のアプリを導入してBluetoothで出退勤を確認できるようにしたり、GPSを利用することで会社にいることを証明する仕組みが搭載されています。

これらのツールは自動で行うタイプが多く、手間を掛けずに勤怠管理ができるようになっています。また、デバイスを利用せず、職場内のSNSやグループウエアにログインすることで勤怠管理をする企業も増えています。出張や取引先に直接向かうケースでも外部からVPNなどでアクセスすることでログインは可能ですし、スケジュールに記載している場合はそのまま出勤とする会社もあります。このようなシステムは給与計算システムなどと連動して適切に管理される仕組みとなっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *