オフィスの勤怠システムについて

ある程度規模の大きい企業では、通常勤怠システムを導入している会社が多いですよね。

人件費をあまりかけずに、従業員の勤怠を一括で管理できるのでとても便利です。部署内の管理職側にとっても、社員の勤怠、休暇日数、残業時間の管理ができるので、簡単に管理することができます。従業員側にとっても、現在どれだけ休暇をとったか、残業時間はどのくらいかを逐次見ることができるので、自分自身の管理もすることができます。出張や外出などにも対応しているシステムなので、例外勤務にも対応できます。

従業員の勤怠を管理している人事部や総務部にとっても有効活用されています。勤怠システムと給与システムを連動させることによって、従業員の残業代の付与、有給休暇以外の休暇の場合、給与から差し引くことができるよう、自動でシステムが計算できるので、人的な間違いがなく正確にタイムリーに計算できるので、とても画期的なシステムではないでしょうか。従業員の給与計算はもちろんのこと、人件費のコスト計上がスムーズにできるため、損益計算書への反映も簡単にできます。

勤怠システムの導入によって、従業員の勤怠管理だけではなく会社全体のコスト管理、計上にも役立てることができるので、一石二鳥のシステムです。システム導入において一時的にコストはかかりますが、長い目で見れば人件費の節約にもなると思います。様々な業者で勤怠システムを提供しているので、企業にあったシステムを導入されるとよいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *